CFDって?

 

みなさんは、CFDってご存知ですか?

 

証拠金取引の種類の1つの「CFD(Contract for Difference)」取引。

 

日本語で言えば「差金決済取引」です。

 

株式や商品と言う物理的な原資産で取引を行うのではなくて、原資産の取引と同様に世界中で行われている金融商品をレバレッジを効かせる事で、売買する物です。

 

もちろん、値動きは反映されています。

 

良く分からない方の為に、イメージはFX取引、または先物取引の感じと言ったら、分かりやすくなりますでしょうか。

 

CFD取引が対象としているのは、とてもたくさんの金融商品の値動きで、株式や業種別指数、商品先物、株価指数等が挙げられるのです。

 

CFDは、近頃出来た物ではないのです。

 

昔からある物みたいなので、元々は機関投資家だけで行われている取引だったのだそうです。

 

しかし、近年においては世界の主要国にいるCFD業者が、CFDがまだあまり盛んでない日本に入り、顧客獲得に参入している情報があるのです。

 

だからこそ、近年CFDは、金融取引商品として急成長しています。

 

日本で、初めにCFDが行われたのは、ひまわり証券だったのです。

 

ひまわり証券自体が、いろんな新しい金融商品取引を取り入れるのが早い会社で、FX取引も初めに導入したのが、ひまわり証券だと言われているのです。

 

もちろん、今は何かと手が出しにくいCFDです。

 

しかし、比較的簡単に始める事が出来やすい取引だと思うので、今後の動向が注目されるでしょう。

 

関連サイト

 

NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】